色々なその先を予測しています。今のところ ロトの予測 と 素人小説 が記事の中心になっています。 come on the scene Mar.2007

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先頃まで相撲話題の中心になっていた朝青龍問題(仮病による地方巡業サボリ&中田ヒデとのサッカー遊興騒動) が、大した事ではないと思えるくらいの事件が世間を騒がせている。

といってもこれは、ひと月以上も前に起きた事件である。2007年6月26日、時津風部屋の序ノ口力士、時太山(17歳)が急死…その際時津風親方は、死亡した力士にマリファナ使用歴があったかのような発言をするなど、既に6月末から親方の発言には不審な点があった。

管理人は大相撲通ではないので、2002年に時津風親方となった人物がどのような人間なのか知る由もない。しかしこれまでの報道から見えた現実は、まだ入門して日の浅い若者を「かわいがり」 という謎のしごき行為で死に至らしめた事件の司令塔だったという事。

聞けば親方自ら時太山の額をビール瓶で殴ったという。(9月になってから、その行為を認めた)
理由はどうあれ、これだけでも傷害罪に問われる。更に時太山の兄弟子達に「かわいがり」 をするよう命令。かわいがりには金属バットまで使用されていた。
そして最期には…リンチにも等しい容赦なき ぶつかり稽古 を30分に渡り決行。
時津風親方と兄弟子達が行った行為は、しごきの名を借りた リンチ殺人 である。

朝青龍問題の時に「横綱としての品格が」 などど語っていた人々に問いたい。こんな悲惨な事件が起きても迅速に対応しなかった、相撲協会の親方衆自体に品格が無いのでは?

別に朝青龍をかばう訳ではないのだが(朝青龍…どちらかと言えば好かん)、マスコミなどは朝青龍を個人攻撃する前に、相撲界そのものの体質を問うべきなのだ。
(これから大々的に問題提起するのかも知れないが…)

想像するにこの事件は、時津風部屋だけの問題ではない…そう疑わざるを得ない。

e_04.gif banner_04.gif
>>>ブログランキングに参加中!<<<
スポンサーサイト
最近よく聞く話の中に、ジュセリーノ(ジョセリーノという表記もあり)という預言者の名前が出てきて、何となく気になっていたので調べて見た。

管理人はもともと預言には懐疑的であり、「当るも八卦、当らぬも八卦」 的なものでしかないと考えている。ジュセリーノについて色々調べて見た後でも、その考え方は変わらない。

だからもし、予言が外れてもジュセリーノを嘘つきだとは思わないし、当たったとしても偉大だとは思わない。
(しかし当たる確立が高く、かつ予知夢に表れた具体的な数字が現実と一致していれば、彼を天才と呼んでもいいと思う)

▼一味違うジュセリーノ

ブラジル人のジュセリーノは、これまでの預言者とはタイプが違うらいし。一日に約3件(多いときは約9件)予知夢を見るそうなのだが、その出来事が起こる年月日が明確に分かるらしい。しかも予知夢を見た日付と内容を公証人役場や郵便局に登録しているらしいのだ。
(このようにすれば、第三者も予言の当たり外れを確認できる)

預言者と言えば(管理人の偏見かも知れないが)、うさんくさい風貌の人物が情緒的な詩を書き留めたかのような表現に終始し、それを分析する研究家はそれ以上にうさんくさい連中で、こじつけみたいな結果を予言に求めて行く…どうどうめぐりである。

そんなこれまでの預言者と比べても、ジュセリーノはちょっと変わっている。人類に対しての強い使命感みたいなものを感じるし、それと同時に自分の予言に対しての強いエゴみたいなものも感じる。

ダイアナ妃の事故死、9.11テロ事件、地下鉄サリン事件等々の予言が的中していたという話はあまりにも有名だが、それ以上に彼を有名にしているのが、近未来に起こる(かも知れない)人類の大惨事を次々と予言している事だろう。

▼今後の予言を見ると…
何だか最近、政治が流動的になってきて、無党派+元々政治無関心+政治知識は素人レベル…の僕でさえ政界ニュースが気になったりする。

最近ではKY(空気読めない)内閣が、流行語大賞を取りそうな感さえある。

そこで、この記事のお題 【流行語大賞を取ったら、誰がもらいに行くの?】

無党派層としては是非、安倍首相に行ってもらいたい。賞を自ら受ける事によって、無党派から喝采を浴び、人気が回復するかも知れない。
(いやマジでそう思う)

残念ながら今の首相の態度は、毛並みのよさ(血統の良さ)を必死で守ろうとしているように見える。美しい国やら、戦後レジームからの脱却やら、必死に力説しているらしいが、早口で聞き取りづらいし、話術においても全くユーモアが感じられない。
(最近になって知ったのですが、安倍総理は岸元総理のお孫さんなのだそうです)

学生時代の授業を思い起こせば分かる事だが、話のつまらない先生の授業は退屈で、やる気も起こらなくなったものだった。

政治家というのは、(勿論国の形を決める政策を考える事も大事な仕事だとは思うが)国民に語り掛け、やるべき事に対して理解を得るのが第一の仕事…だから話術は大事だと思う。

小泉前首相のように、改革という雰囲気(三位一体とか骨太とか)だけ立てて突っ走ってしまうのも考えものだが、全ては時間の経過が評価を与える事だから、現時点では良いの悪いのとは言えない。
(でも個人的な意見:改革の中身は別として、三位一体とか骨太とかいうスローガンは嫌いでした。何だか曖昧な中身を隠すために、タイトルにインパクトを与えているかのように思えたのです)

今後の安倍政権の展望は…空気が読めないのなら、強引にならずにユーモアでその場の空気を柔らかくする…そうすれば+3ヶ月は持つと予測。

e_04.gif banner_04.gif
>>>ブログランキングに参加中!<<<
 今年の大河ドラマは、山本勘助なる人物を主人公にしたためか、非常に新鮮な気持ちで見ている。民放でも山本勘助にスポットを当てたドラマをやっていたが、(確か勘助役は北王路欣也だったと思う)大河ドラマの方により強いインパクトを感じる。

 信長、秀吉、家康…毎度毎度の定番ネタ(前田利家や山内一豊をやっても、それは御三家のカテゴリー)に少々飽きが来ていたので、今回のドラマは良かったと思う。


◆今年の大河はこの本で!http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15XKKO+G1IHKI+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Freview.rakuten.co.jp%2Frd%2F2_213310_11962201_0%2F


 が、しかしである。何故に大河ドラマは武士にスポットを当て続けるのか。一揆を起こした農民のリーダーとか、庶民の暮らしを豊かにした商人等にもスポットを当てるなど、色々と考えてほしい。

 そこで、一揆を起こした農民の話をサンプルに、視聴率の取れそうなキャステイングを考えて見た。

(視聴率について:一揆の話だけだとダウンする確率が高いので、キャスティングでカバー)

【農民一揆のリーダー】:鳥羽一郎(但し、主人公ではない。第八話で、決断力の無さを理由に見限られ、山伏に殺される)

【リーダーの娘】:伊藤美咲(農民らしからぬ美貌が、悪代官のスケベ心に火を付ける)

【リーダーの一の子分】:田中義剛(リーダーの娘を好くも、突然に隠密農民が現れ…)

【百姓一揆を影で操る山伏】:オダギリジョー(武芸の達人で、非情な策略家。リーダーの殺害を代官の仕業に見せかけ、娘を新リーダーに仕立て上げるが、そこに隠密農民が現れ…)

【山伏の策略を支える忍びの女】:麻生久美子(策に溺れる山伏を何度も窮地から救うが、最後には…)

【悪代官】:中尾彬(ねちねちならぬ、ねじねじ代官として、農民から収穫物を搾り取る)

【隠密】:木村拓哉(この物語の主人公。幕府の命を受け、悪質な搾取を行う外様大名を偵察していたのだが、殺された農民一揆のリーダーの娘に心を奪われる。最後には幕府を捨て、娘と共に深い山奥へと駆け落ちすることに)

【隠密の頭】:光石研(伝達係。上役と部下との間で、板ばさみに)

※キムタクがこの大河ドラマのオファーを断る確立:99%
e_04.gif

マンガもあるとは…知らなかった!
 ドキュメント番組のインタビューに答え、欧州の生物学者がこんな事を言っていた。
「極端に進化した種は絶滅する運命にあります。結局、これと言って目立ったものは無いが、何にでも適応できる種が生き残って行くのです」

 それが自然の摂理であり、人間も例外ではないらしい。《そりゃいつかは、何だって絶滅するだろう。でも人類の近未来を考えると…決して明るくはないと思う

 人類は恐竜以上の速さで極端に進化し、恐るべき貪欲さで環境を作り変えている。人間以外の生物が享受する自然環境システムを破壊し、もはや「人にあらずば生き物にあらず」的な態度で、他の生物の生活圏を搾取している。《便利な文明社会を存続させるため、そうせざるを得ないのだろうが

 そんな人類がこれから数万年に及んで地球の管理者でいられるのか…99%あり得ないだろうが、1%の可能性はある。

 人工知能の父、マービン・ミンスキーは言った。「二千年生きたい人は手を上げてください」…1994年6月、京都市で開かれた世界賢人会議でのことだ。
 どうやら賢人ミンスキーは、人間の肉体機能の一部を機械に置き換える(主に脳機能とコンピュータ)ことを考えているらしい。

 何だか、SF小説に出てきそうな話しだが…これからの地球が、生身の人間では生きられない自然環境に置かれたとしても…人類の偉業を《国連決議により、悪行はDelete?》残すために、人工知能を開発・自立させるという考えは有りだと思う。

 今の人間の体で数万年文明を続けられるに越したことはない。が、それは今を生きる人間の戯言でしかないのかも知れない。
 

―ここから余談―

 機械的に構築された人工知能ネットワークが人間に勝って、ターミネーターやマトリックスのような未来がやって来たら洒落にならない。

・自然環境の大変動がなければ、世界はこのまま、混沌と推移するだろう。
・機械が人類を支配すれば…理不尽な混沌は治まるだろうが、自由は奪われる。
・自由(選択肢)がなくなれば、進化は止まる。
・機械は、進化の止まった人間を無価値と判断する。
・その後人類は…
e_04.gif

 SF小説にはまり、アーサー・C・クラークとかフィリップ・K・ディックの作品を読んでいた時期があって、その頃よく人類の未来社会を予測して喜んでいました。

 クラーク的に考えれば技術的な宇宙進出展開、ディック的に考えれば未来社会の人間模様…どちらも巨匠中の巨匠で面白い作品を書いています。

【人類の未来社会予測】:現在の人類社会を見渡してみると、ディックの描く不安に満ちた未来社会がやって来そうな雰囲気がある。

【理由】:科学技術の進歩は、捌ききれない情報を提供する。それは人間が立ち止まる時間を奪う。結果として人間を窮屈にする。

【備考】:クラークが描き、立花隆が語るように、人類は宇宙へ乗り出すしかないのかも…(宇宙へ進出したからといって、人間の考え方が高尚になるとは思えないが)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。